介護職員初任者研修講座

介護職員初任者研修とは、ホームヘルパー2級に変わる資格として 2013年4月よりスタートしました。高齢化が進む中、介護の必要性、需要は今後も高まるとされています。
そこで今後の介護をする人材のキャリアパス※を、分かりやすく段階を踏んで生涯続ける事が出来る見通しを持てるようにするために、介護職員になるための制度が変わりました。
この「介護職員初任者研修」は介護職の入門とも言える資格になります。

※キャリアパスとは…介護職員として自らの能力を高めるための将来の目的、昇進、キャリアアップをする道筋・プランのこと。

ステップアップ

介護職員初任者研修
在宅・施設で働く際の基本的な知識・技術を習得。指示を受けながら介護業務を行います。
実務者研修
平成27年度から、介護福祉士受験資格に必須となります。介護職員初任者研修修了者には免除科目があります
介護福祉士
利用者の状態に応じた介護や幅広い知識・技術を習得し、的確な介護を行います。
認定介護福祉士(仮称)
介護福祉士の上位資格で、他の現場職員を指導します。また他の職種との連携でのキーパーソンとなります。

介護職員初任者研修とは

 

医療法人が運営

当講座は、医療法人が提供する講座。介護現場の生の声を講座に活かし、実践に即した知識・技術が習得出来ます。また、ホームヘルパー講座の実績もあり、講師陣もベテラン揃いです。

法改正や新しいサービスの展開、介護ニーズの多様化など、介護分野は刻々と変化しています。
皆さんも介護業界の担い手として、新しいこと始めてみませんか?

万全のサポート体制

講座は定評のあるベテラン講師陣や、実務に携わる経験豊富な職員の講師が行います。
欠席された場合や、どうしてもご都合のつかない日については振り替えて受講出来ます。
また、卒業後の進路として条件が合った場合、浩治会の施設に就職される方もいらっしゃいます。
その場合、授業料のキャッシュバック制度というお得な制度もございます。

詳しいキャッシュバック制度はこちら

介護職員初任者研修講座

contact_txt